{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/9

梅本尋司 NO.157 植木鉢 弥生 鮫文 size-L

残り1点

20,900円

送料についてはこちら

サイズ  14.3×14.3×15.3㎝ 重さ  673g ★ギフトラッピング 当アイテムはラッピング不可の商品となりますので予めご了承下さい。 ◆作品表面の独特な質感は、窯出し後の荒々しい釉薬状態をリューターで丁寧に磨き上げた結果生まれる表情です。 敢えて仕上がりをこの状態にする為に特殊な釉薬を独自に調合していますが、リューターでの研磨が前提となるのでとても手間が掛かる作品です。 ★鮫文 人や動物、建物や船など風景を題材として描いたものは弥生絵画といわれています。農耕儀礼の道具として使われていたのではと考えられていますが、いまだ謎のままです。鮫の絵は島根県から兵庫県までの日本海沿岸でしか発見されていません。この地域に住んでいた人達と鮫には何らかの重要な関係性があったと思われます。 文:梅本尋司 note「陶芸家 梅本尋司さんを訪ねて」 https://note.com/nobuchika0919/n/nb388868d25f4

セール中のアイテム