{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/19

NO. 54 梅本尋司 土鈴阿吽像 「大口真神(魔除け・盗難除け)」

¥8,800 税込

送料についてはこちら

サイズ 10.4×13×14cm 重さ 241g ★ギフトラッピング 当アイテムのラッピングを御希望される方は別途「ギフトラッピング300円」のご購入をお願い致します。 note「陶芸家 梅本尋司さんを訪ねて」 https://note.com/nobuchika0919/n/nb388868d25f4 ・当作品は特殊な釉薬を使用している事から焼成後は釉薬が剥離して焼き上がったり、クレーターの様にブクが出たりする為、リューターにて丁寧に削り落とし、磨いて仕上げているとても手間が掛かった作品です。 ★『大口真神(おおくちのまかみ)』 日本に生息していた狼(ニホンオオカミ)が神格化されたもの。 秩父地方の神社を中心に、オオカミが描かれた護符が頒布され、信仰を集めている。 文:梅本尋司 ◆「おいぬ様」信仰(参考:武蔵御嶽神社HP → http://musashimitakejinja.jp/history/oinusama/) ◆大口真神について(参考:三峯神社HP → https://www.mitsuminejinja.or.jp/kitou/) 三峯神社の神様のお使い(神様の霊力を受け、神様と同じ働きをするとして仰がれる動物)はオオカミです。日本武尊の道案内をされ、その勇猛、忠実さから、当社の使い神に定められたと伝えられています。 またオオカミとは、三峯山の不思議な霊気を言うと古書にも見え、大口真神(親しみを込めてお犬様、ご神犬、御眷属様とも呼ばれる)は、あらゆるものを祓い清め、さまざまな災いを除くと言われます。