{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/23

NO. 56 梅本尋司 炭化ひび化粧「八咫烏(やたがらす)」

残り1点

¥9,900 税込

送料についてはこちら

サイズ 9.6×11.5×13.2cm 重さ 391g ★ギフトラッピング 当アイテムのラッピングを御希望される方は別途「ギフトラッピング300円」のご購入をお願い致します。 note「陶芸家 梅本尋司さんを訪ねて」 https://note.com/nobuchika0919/n/nb388868d25f4 ★導きの神『八咫烏』 日本神話に登場する烏。 熊野の護符牛玉宝印に描かれており、シンボルとなっている。 文:梅本尋司 ◆「八咫烏」について(参考:熊野本宮大社HP → http://www.hongutaisha.jp/%E5%85%AB%E5%92%AB%E7%83%8F/) 八咫烏とは、当社の主祭神である家津美御子大神(素盞鳴尊)のお仕えです。日本を統一した神武天皇を、大和の橿原まで先導したという神武東征の故事に習い、導きの神として篤い信仰があります。 八咫烏の「八咫」とは大きく広いという意味です。八咫烏は太陽の化身で三本の足があります。 この三本の足はそれぞれ天・地・人をあらわす、といわれています。 天とは天神地祇、すなわち神様のことです。地とは大地のことで我々の住む自然環境を指します。 つまり太陽の下に神様と自然と人が血を分けた兄弟であるということを、二千年前に示されていたのです。 日本の歴史における八咫烏の出現はきわめて古く、『古事記』『日本書紀』『延喜式』をはじめ、 キトラ塚古墳の壁画や福岡県珍敷塚古墳横穴石室壁画、千葉県木更津市高部三〇号噴出土鏡、世界最古の油絵である玉虫厨子(法隆寺蔵) の台座にも見ることができます。 蹴鞠名人の熊野詣 平安時代に蹴鞠は貴族社会で大流行し、中でも蹴鞠の名人と言われた藤原成道という貴族は、蹴鞠上達のために五十回以上も熊野詣をしています。また、藤原成道は日記の中で、熊野大神の御前で「うしろまり」の名技奉納を行ったことについても語っています。 サッカーと八咫烏 みなさんもご承知のとおり、JFA財団法人日本サッカー協会のマークは八咫烏です。 神武天皇の故事に習い、 よくボールをゴールに導くようにとの願いが込められていると考えられます。今も、JFAの方や、日本代表サッカー選手たちが必勝祈願でご参拝されています。